年収を12万円増やす方法!苦労せずすぐに実践できる裏技

年収を12万円増やす方法!苦労せずすぐに実践できる裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を稼ぐ上で、節約は副業と同じぐらい重要です。1ヶ月1万円出費を抑えられれば、副業によって12万円年収が増えたとも考えられるためです。

無駄な買い物と外食を避けることが1番重要

エアコンのフィルターをこまめに掃除する、使っていない電気は消す、シャワーを使いすぎないといったさまざまな節約法が考案されていますが、実際のところそれらはほとんど効果がありません。

安くなってもせいぜい月で数百円ほどで、手間がかかるわりには頑張った甲斐が感じられないものばかりです。たいして成果がなければモチベーションが下がってしまうでしょう。

もっとも意味があるものは、生活上必要ではない買い物と外食における出費を減らすことです。これらは1度で数千から数万円の節約につながります。そのため、回数が少なくても大きな利益につながります。

無理なく我慢できる「3分の1法」がオススメ

買い物や外食を減らすことは大きな効果がありますが、これらはストレス解消にも一役かっています。あまり過度に抑えすぎると、ダイエットのようにリバウンドしてしまうリスクがあります。

そこでオススメしたい方法が「3分の1法」です。これは名前のとおり、「買いたい」と思ったら3回に1度だけ我慢するというものです。食事においても、「今日は家で作ろう」という工夫をします。この心がけだけで、無駄な出費が33%カットできます。

実際のところは必ずしも3回でサイクルすることはなく、1週間や1ヶ月のトータルでパーセンテージを満たしていれば良いでしょう。また、この数値を1/2や1/4にしても問題ありません。自分が我慢できる限界や目標金額に応じて変えられるところもメリットの1つです。

副業を考えるなら同時に節約にも気をつかいましょう。もっとも大きな効果があるものは買い物と外食を避けることです。無理に我慢してあとで発散するように大出費してしまうよりも、「3分の1法」で少しずつ実践したほうが効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る