ドロップシッピングは上手に外注すればさらに儲かる副業

ドロップシッピングは上手に外注すればさらに儲かる副業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本業の勤務時間にかかわらず、儲かる副業として利用できるものがドロップシッピングです。ローリスクハイリターンが期待できますが、起業するぐらいの覚悟と努力をすれば、本業以上の収入をゲットできるかもしれません。

在庫を抱えないローリスクなネットショップの運営

ドロップシッピングでおこなうことは商品販売の代行です。ある商材を自分が運営するショップサイトで紹介し、購入があった際に報酬を受け取るというものです。

一般的な店舗と違って在庫を持つことがなく、注文があったら契約している企業の倉庫から取り寄せます。そのため、「仕入れすぎて売れずに残ってしまった」というリスクがなく、安全に儲かる副業です。

始めるためには自分のホームページを開設し、商材の案件を提供してくれるサービスであるDSPに登録します。最低限必要なものはメールアドレスと銀行口座ですが、仕事の規模に応じてサイト作成支援ツールといったものも準備しておくと良いでしょう。

はじめは小規模からスタート 収入を上げるなら外注も視野

ネットショップを運営して商品販売をおこなっていくドロップシッピングは、1つの事業を受け持っているとも言えます。サイトの作成、商材のチョイス、キャッチコピーの作成などかなり幅広いことをおこなっていきます。

そのため、儲かる副業でありながら、やりがいも感じられるところも魅力です。本業が営業や広告なら顧客の目を引くキャッチコピーを考える、ITエンジニアならホームページのデザインに凝ってみるなど、自分のスキルが思わぬところで活かせるかもしれません。

しかし、規模を大きくするとやることの多さに手が回らなくなってしまうことがあります。はじめはいくつかの商品から始めて、手応えを感じたら徐々に増やしていくと良いでしょう。

もし自分のキャパシティーを越えるショップを運営したいと思ったら、一部の業務を外注することも視野に入れましょう。1人でおこなうならリスクがほとんどありませんが、この段階までいくと売上と支出のバランスをとっていくことも重要になります。

在庫リスクがないドロップシッピングは儲かる副業でありながら手軽に始められるというメリットがあります。はじめは数種類の商品から始めることがオススメですが、仕事を一部委託して拡大していくことも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る