仮想通貨が今一番儲かる副業!☆給料以上稼げる副業バイト情報2018

主婦や働く女性、男性サラリーマンが気軽にできる副業を紹介するサイトです。月5万円以上の収入アップになればグッと生活にゆとりができます。このサイトで自分ぴったりの仕事を見つけましょう!2018年は本格的に仮想通貨投資の時期到来です。乗り遅れ注意!

最新の稼げる副業といえば“ビットコイン”に代表される『仮想通貨』です。
忙しいサラリーマンや主婦でも隙間時間でサクッと稼げます。
しかも儲かり度合いもスゴイ!
2017年はおくりびと(資産1億円以上)が続出しています。
株式やFXとは違い、ランチ1回分の投資額でOK。
今年は、趣味やギャンブルやぜいたく品購入代金の一部を、仮想通貨に!
まずはこちらの取引所に口座開設から。数分で申し込み完了します。

仮想通貨

仮想通貨でおすすめの買い方は?初心者でも儲ける方法を調査

更新日:

仮想通貨で大金をつかんだ人
2017年は仮想通貨元年とも呼ばれるように、

「ビットコイン投資で100万円越え!」
「億り人(おくりびと=資産1億越え)が続出」
「仮想通貨のテレビCMも開始」

なんて、たくさんのビットコイン長者や仮想通貨にまつわるニュースが流れていたため、取引者以外からも知られている言葉となりました。
ビットコイン

儲かる仮想通貨は副業でも大注目!?

今、仮想通貨は一般投資家以外の参加者も増えて普通の専業主婦やOL、サラリーマンの副業としても仮想通貨が大注目を集めています。

なんといっても副業で仮想通貨を始めるのは、初心者でも儲かった人が多いのが魅力!

そこで、ゼロから始める仮想通貨で儲ける仕組みや最新情報、覚えておきたい予備知識をまとめました!

今から始めても儲かるの?遅くない?

株式投資では有名な「靴磨きの少年」は、知識のない人も手を出し始めた時こそ天井が近いという話ですが、まさに見方を変えれば、仮想通貨はその時期と感じることも。

ですが、2017年は爆上がりしたビットコインも「最大のバブル状態」と言う人もいれば「本来の価値はもっと高い」なんてブログやニュースでも推移は分かれています。

そのため、今からでも遅いとは言えませんが、始めるなら「今」というのが一番良い答えと言えるでしょう。

早速仮想通貨取引所を見てみる→

仮想通貨でできることはたくさん!

仮想通貨でできることを知ると、将来的な幅広い可能性に期待がわいてくるはず。
仮想通貨でできる「投資」「決済」「送金」のそれぞれの特徴や魅力をまとめました!

将来を見据えた「投資」に使える!

仮想通貨は売買利益だけでなく、長期間寝かせて財産的価値を高める投資にも有効で、ビットコイン積立投資もできる取引所もあります。

また、金銀取引のように採掘する「マイニング」で獲得するタイプもあるのがポイント。
金銀と同じく発行量に上限があるビットコインは、需要が高まればそれだけ価値が上がると考えられています。

元本保証のない投資はFXや株式投資も同じなので「仮想通貨だから危険」ではありません。

色々な支払いの「決済」に使える!

仮想通貨は投資商品だけでなく、ビットコイン決済なら現在、これだけの支払い決済に使え今後も増えていく可能性があります。

・電気代(イーネットワークシステムズ、coincheckでんき)
・ガス代(LPガス ビットフライヤー)
・飲食代(六本木ハッカーズバー)
・買い物
  電気屋(ビッグカメラ)
  眼鏡屋(メガネスーパー)
  パソコン(DELL)

仮想通貨は投資のイメージが強いですが、仮想通貨は他の投資性金融商品ではできない使い方ができます。

国内外の「送金」に使える!

もっと視野を広げて考えるなら、国内外の送金に使えるのも仮想通貨の強みです。

日本円を海外に送金すると、振込手数料もさらに高くなります。

それに比べると、仮想通貨はたくさんの世界で同じ通貨として扱われているので、送金の手数料も抑えることができるのです。

投資や決済と比べると、海外へ頻繁に送金するユーザーは少ないですが、もともと仮想通貨はこのメリットで世界的に注目を集めた部分もあります。

仮想通貨の便利さをさらに確認→

他の通貨と仮想通貨はどこが違う?

円やドルのリアルマネーや、使い方の似ている電子マネーやクレジット、さらに同じ投資ジャンルであるFX取引と仮想通貨の違いを比較しました。

似ている部分もあるものの、全く違う特徴をもっているのが仮想通貨の魅力です!

電子マネーとの違い!「チャージ」に注目

貨幣や紙幣が存在しないバーチャルな仮想通貨は、電子通貨と似ています。

ですが、電子通貨は現金をチャージして決済できる仕組みであるのに対し、仮想通貨は通貨なので、根本的にまったく違うもの。

電子マネーはチャージして現金を預けなければ使えませんが、仮想通貨は採掘の対価として発行されるのも、わかりやすい違いと言えるでしょう。

円やドルとの違い!「法定通貨」に注目

円やドルは国が管理している法定通貨に対し、不特定多数の人が管理しているのが仮想通貨の特徴です。

仮想通貨の一部を改ざんしても、繋がって影響を与える分散型技術(ブロックチェーン、サイドチェーン)で管理されているので、不正やデータの消失がしづらい環境となっています。

また、円をドルに換えても両替所で手数料がかかりますが、仮想通貨なら換金も簡単で送金手数料を抑えることも可能です。

クレジットカードとの違い!「手数料」に注目

クレジットカードの場合、一括なら手数料がかからないところがほとんどですが、分割やリボ払いにすれば手数料がかかり、個人に送金することもできません。
海外での利用なら、さらに為替レートの影響も受けます。

ですが仮想通貨の場合、手数料も安く抑えることができ、個人への海外送金も可能という違いがあり、海外振り込みにかかる銀行手数料込で比べても便利です。

外貨FXとの違い!「儲かる人」に注目

外貨FXの場合は取引所内で行われるため「ドルで含み損が発生したから、海外旅行で使おう」となどできない金融資産です。
加えて、FXは取引所側が同元となったゼロサムゲームなので、全員が勝てない現実。

ですが仮想通貨の場合、資金決済にも使えたり、現物取引では全員が儲けることも可能です。

今ではビットコインFXなど豊富な投資プランで、利用者も色々なタイプがいます。

仮想通貨でどのように儲けるのか?

仮想通貨を副業として稼ぐなら「安く買って高く売る」というシンプルなやり方が鉄板です。

「チャートの見方がわからない」
「どんな価格予想をすればいいの?」
「見極める能力をもってないし…」

なんて、初めてやる人には不安はいっぱいですが…それが「ただ寝かせるだけ」だとしたら?

昨年は売り買いを頻繁にせず、ただ保有しているだけでここまで資産を増やせた人もいます。

保有するだけで儲かる!?取引所を確認→

2017年のビットコインは凄かった!?

仮想通貨の仕組みを知らない人でも、今ではビットコインの言葉を知っている人がほとんど。

実は、2017年のビットコイン価格の変動をざっくり覗いてみるとこれだけ、暴騰と暴落がありました。

・2017年1月  1BTCが10万円超え
・2017年10月 紆余曲折を乗り越え70万近くまで上昇
・2017年12月 さらに230万まで上がった後、150万まで暴落

230万から150万まで下がれば、確かに暴落ですが…2017年全体でみると1BTCは時価総額10万円から150万まで約15倍に跳ね上がっています。

10万円分のビットコインを買っていたら…150万円!

ただ寝かせていただけで10万円が150万円になったら、驚きですよね。

実は!もっと凄い仮想通貨がゴロゴロ…

昨年はビットコインの値上がりが大きく注目されましたが、実はビットコイン以外の仮想通貨も大きく変化しています。

2017年1月と12月で比べてみると…
・リップル360倍
・ネム254倍
・ステラ358倍

10万円分のリップルを買っていたら…なんと3,600万円に!

ここまでいくと、もう宝くじのような気分ですがそれだけじゃありません!

・バージ1900倍

10万円分のバージを買っていたら…まさかの約1億9千万円!!

一気に夢が膨らみますが、バージは国内の取引所で購入できない仮想通貨のため、国内で購入したビットコインなどを送金して、海外の取引所に購入する方法になります。

初心者がいきなりここまで稼ぐのは難しいですが、コツコツ増やして儲けていくハードルの低さが伝わりますよね。

だから仮想通貨は副業で注目されている!

投資一般と違い24時間、金融市場が動き売買ができるのはもちろん、ホワイトペーパーやチャートの閲覧がすぐに習得できなくても、長期的に保有しても儲けた人も多い仮想通貨。

さらに仮想通貨の現物取引なら、例え価格変動で時価評価額が下がってもすぐに売らずに上がるまで待てば、マイナスを回避することが可能。

だからこそ専業でなく、副業としても仮想通貨は注目されているのです!

では、仮想通貨を手に入れる方法はどんな種類があるのでしょうか?

仮想通貨の入手方法・購入方法

ビットコインの取得方法
仮想通貨の買い方や入手方法は5種類ありますが、やはり今スムーズに購入するなら、⑤番目の取引所への登録がおすすめです。

①人から貰う
⇒これだけ仮想通貨バブルの中、仮想通貨をタダで貰える可能性は低いと言えるでしょう。

②ビットコインATMで購入
⇒東京や千葉など、ビットコインが購入できるATMが設置されていますが、便利なぶん手数料が割高です。

③無料で貰う
⇒取引所のサービスやポイントサイトを活用すれば、無料で仮想通貨を手に入れることもできますが、時間がかかったりキャンペーンのタイミングを掴まなければいけません。

④マイニング
⇒ビットコインなど計算機を使って自ら採掘することもできますが、日本では電気代や計算機の費用を考えると割に合いません。

⑤取引所に登録
取引所で口座開設をして仮想通貨を保有するのが、もっとも手軽で一般的です。

仮想通貨の取引方法・登録方法

仮想通貨の取引所で解説するのは無料、個人情報を入力すれば簡単に登録できます。
ただし、取引には郵送の本人確認が多く、すぐに仮想通貨を売買することはできません。

取引所によって細かい部分は違いますが、ここでは一般的なコイン購入方法から売却、出金までを紹介します。

・アカウントの登録
⇒個人情報や銀行口座など登録して取引所口座を開設する

・本人確認
⇒写真付き身分証を添付し数日後、ハガキが届いて本人確認をする

・入金
⇒銀行振込やクイック入金、さらにコンビニ入金やクレジットカードに対応しているところも

・仮想通貨を購入
⇒入金が反映されれば、仮想通貨が注文が可能に

・仮想通貨の売却
⇒売却して口座に入金すれば、再び円として銀行口座に振り込まれます。

取引所と販売所の違いとは?

よく見ると仮想通貨をもつには取引所と販売所がありますが、実は大きく違う部分。

・取引所
買いたい人と売りたい人のマッチング
割安で購入できる反面、タイミングが求められる

・販売所
買いたい人が取引所から直接購入
いつでもすぐ買える反面、手数料など割高になる場合も

メリット・デメリットがありますが、初心者の人ならは販売所で購入して追加投資を取引所に、FXや株で板の見方がわかる人なら最初から取引所でチャレンジもおすすめです。

販売所取引所の両方を兼ね備えたところもあれば、どちらか片方の場合もあります。

仮想通貨で儲けた場合の税金は?

仮想通貨で儲けたいと思うものの、いざたくさん利益が出たら税金の支払いが気になるところ…。

金融商品取引法のFXや株と違って仮想通貨の場合は「雑所得」と「譲渡所得」の納税が発生し、利益が20万を超えたら確定申告が必要となってきます。

所得税なら195万円以下だと5%、195万~330万円なら10%と累進課税方式。

また「損益通算」や「繰り越し控除」が出来ないのも、仮想通貨にかかわる税金の特徴です。

損益通算とは、不動産所得や事業所得では損失が生じた場合、利益が出ているものと差し引きして課税対象額を減らせるというもの。

繰り越し控除とは、譲渡益と差し引きして損失が上回る場合、3年は損失を繰り越せるもので、これができない仮想通貨は少々デメリットと言えます。

またトレードや円への交換、買い物でも課税対象ですが、保有しているだけなら税金はかかりません。

仮想通貨の種類

仮想通貨は世界的にみると1,500種類以上あり、現在もその数は増えていますが、その一部が日本国内で取引できるような状態です。

わざわざ海外の取引所で口座を作る日本人もいますが、やはりマイナーコインが購入できるのが大きな理由。

今では別名GACKTコインであるスピンドルが注目を集めていますが、やはり国内取引でアルトコイン投資のチャンスは少ないのが現状です。

これから大きく稼げそうなマイナーコインを草コインと呼ばれていますが、草コイン取引所やアルトコイン取引所で売買するため、海外で開設する人は増えています。

OmiseGO(OMG)、ビットコインゴールド(BTG)、パックコイン Dogeコイン(犬コイン)など

あの流出事件で有名になった「ネム」もある取引所はこちら→

日本で取引できる仮想通貨

たくさんの種類がある仮想通貨ですが、日本で取引できるのを4つに分けて紹介します。
開発者やメンバー、経営幹部の考えなど色々な情報もありますが、まずは簡単に仮想通貨の違いを掴んでみてください!

・ビットコイン
仮想通貨=ビットコインと思っている人も多いくらい、有名な仮想通貨。
国内取引所ではビットコイン取引所専用の事業者はあっても、ビットコインの取り扱いがない販売所はないといっても良いくらい。
両替もしやすく送金も便利で、決済方法の種類も拡大しているため、初心者にはぴったりな仮想通貨です。

・アルトコイン
ビットコイン以外の暗号通貨を総称してアルトコインと言いますが、リップルコインやモナコインなど2017年はビットコイン以上の上昇となりました。
これから大きく時価総額が上がるのを狙って購入する人も多く、ビットコインに比べるとベテラン向けですが、国内取引されている通貨は有名所が多いので初心者からも注目されています。

・その他(トークン)
アルトコインとは違い、取引所ごとのオリジナル仮想通貨をトークンと言います。
発行するアセットタイプや採掘するカレンシータイプなどありますが、例えるなら未公開株のように取引所を通じて仮想通貨として売買されるICOプロジェクトのひとつ。
ICO投資やICOコインなどと呼ばれています。
今後、先見の明が必要となるので初心者向けではないですが、慣れてくればトークンで大きく儲けることも可能です。

・その他(ハードフォーク)
ビットコインキャッシュやライトニングビットコインは、ビットコイン分裂によって生まれたもので、互換性がないのが特徴的。
分裂すると価値が下がるイメージもありますが、ビットコインやイーサリアムはいずれも信頼を取り戻して上昇しました。
ウォレットで保有している際は、フォークコインの情報を見逃さないようにしたいですね。

海外取引所と国内取引所の違い

取引所には海外と国内がありますが、初心者ならまずは国内取引所の方がおすすめです。

海外取引所のメリット・デメリット

仮想通貨の種類が多く草コイン投資をしたい人には、満足できる銘柄の量なのに加え、国内取引所購入と比べると、取引手数料も割安なのも海外取引所の魅力。

ですが、基本はすべて英語で、日本語訳された説明サイトもありますが、たとえば中国取引所の規制や投資者保護意識についての確認など、英語以外の資料にたどり着くこともあり、自己責任で調べ上げなければいけません。

国内取引所のメリット・デメリット

開設から売買まで、すべて日本語でわかりやすく説明されていて、初心者向けの説明も丁寧なのが国内取引所の魅力。

万が一のトラブルはもちろん、問い合わせや消費者保護など気になる不安も解消しやすい便利な環境です。
現在はテレビCMも放送されるくらい大手取引所が増え、今後ビットコインは金融商品の先物取引所として上場が予定されているため、信頼性を評価する人も多いです。

ただし、海外取引所と比べるとアルトコインの種類も少なく、慣れた人には物足りなさを感じることもあります。

初心者が儲けるために・失敗しないために

やはり初心者が手堅く儲けたいと考えるなら、信頼性もあって問い合わせもスムーズな国内取引所がおすすめでしょう。
アルトコインの種類は少ないものの、認知度の高い仮想通貨なので初心者にはぴったり。
とはいえ、取引ツールやチャート、アプリ対応など中級者からベテランまで満足できる環境です。
販売所や取引所の違い、現物取引やFXなど色々なタイプから相性の良い投資を見つけることができます。
もちろん、おすすめ取引所を複数登録して管理するのも良いアイデアです。

また操作や売買の流れ、入出金の方法など掴めてきたら、気を付けたい“初心者あるある”の失敗談。
一獲千金を狙おうと匿名性のある掲示板の情報を信じたり、コミュニティで個人ユーザーにお金を払って相場推移を教えてもらったり…と情報に振り回されるのは要注意です。

海外では行政処分を受けた金融業者もありますが、個人レベルで「ビットコイン最新情報」「これから必ず価値が上がる」など確実な情報提供ができる人は、ほとんどいません。

慣れてきたからこそ少しでも早く、そして大きく儲けたいと思う所ですが気を付けましょう。

「おすすめ取引所」の特長紹介

世界最大級の取引所「QUOINEX」

ビットコイン

世界最大級の仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエクスチェンジ ←※初見で読めないですがこう読みます)は、関東財務局長第00002号のライセンスをもつ仮想通貨交換事業者。
QUOINEX株式会社が行うICOのLIQUID、トークンのQASHは、大きな話題となりましたが、トレードツールやアプリの操作性など、初心者から中級車まで使いこなせる機能を兼ね備えています。

運営会社:QUOINEX株式会社
設立:2014年11月
運営内容:取引所・FX
レバレッジ:最大25倍
ビットコイン売買の手数料:無料
取り扱い仮想通貨:
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

もう少し詳しい解説はこちら
QUOINEXは世界最大級の金融庁登録仮想通貨交換業者だから初心者も安心

早速購入してみるならこちら
ボタン

大手ネット企業傘下の「GMOコイン」

旧z.comコインでもあるGMOコインは、大手ネット企業GMOグループ傘下で、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されている仮想通貨販売所です。
今後はオルトコインのFXなど実装予定で、初心者からベテランまで使いこなしやすい事業所と言えるでしょう。

運営会社:GMOコイン株式会社
設立:2016年10月
運営内容:販売所・FX
レバレッジ:最大25倍
ビットコイン売買の手数料:無料
取り扱い仮想通貨:
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル

もう少し詳しい解説はこちら
GMOコインはGMOグループだから安心して仮想通貨の売買ができる会社です

少額取引が人気の「ビットトレード」

金融庁登録済みのビットトレードは、2段階認証をはじめ操作性も抜群のスマホにも完全対応している仮想通貨取引所です。
FX取引大手のグループ会社はテレビCMで一気に認知度が高まり、短期売買から少額取引、長期保有まで幅広いユーザーから人気を集めています。

運営会社:ビットトレード株式会社
設立:2016年9月
運営内容:取引所
レバレッジ:なし
ビットコイン売買の手数料:無料
取り扱い仮想通貨:
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ

BTC取引量日本一「ビットフライヤー」

ビットコイン取引量が日本一というコピーでお馴染みのビットフライヤーは、国内初の損害補償を実施していることで注目された仮想通貨販売所。
ビットコイン積立だけでなくbit Wire SHOPを使えば実店舗でも仮想通貨の支払いができるとあって、幅広い仮想通貨の取り扱いが可能です。

運営会社:株式会社bitFlyer
設立:2014年1月
運営内容:取引所・販売所・FX
レバレッジ:最大15倍
ビットコイン売買の手数料:販売所無料・取引所0.01~0.15%
取り扱い仮想通貨:
ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン

もう少し詳しい解説はこちら
取引量や規模が違う!ビットフライヤーこそ日本最大の仮想通貨企業

あの事件で有名な「コインチェック」

取引高、アプリ利用者数でNo1を誇るコインチェック取引所は、出川哲郎さんのテレビCMでさらに認知度を高めている仮想通貨販売所。
わかりやすい操作性で初心者にぴったりながらも、取り扱い通貨は13種類と多く流動性が高いためベテランや上級者のユーザーも多いためおすすめです。

運営会社:コインチェック株式会社
設立:2012年8月
運営内容:取引所・販売所
レバレッジ:最大5倍
ビットコイン売買の手数料:無料
取り扱い仮想通貨:
ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、モネロ、アウガー、リップル、ジーキャッシュ、ネム、ライトコイン ダッシュ、ビットコインキャッシュ

-仮想通貨
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨が今一番儲かる副業!☆給料以上稼げる副業バイト情報2018 , 2018 AllRights Reserved.

ビットコイン